ダレノガレ明美の中学時代と高校時代のお話

こんにちは、身体作りの専門家、パーソナルトレーナーのPIKAです。

[スポンサーリンク]



本日は「ダレノガレ明美の中学時代と高校時代のお話」について迫っていきたいと思います。

ダレノガレ明美の中学時代や高校での事など過去を知れば、彼女の見方が変わると思います。

それはそれは大変な時代があったのです。

ダレノガレ明美の幼少期

ダレノガレ明美と言いますと、有名な庭師の父豊さんは有名ですが、彼は再婚です。

そして本当のダレノガレ明美の父は、非常に厄介な方だったとされます。

何と、この実の父から幼少時代には虐待を受けていたと言うのです。

幼少時代の虐待・・人として一生引きずるほどのトラウマになる事も珍しくありませんよね。

ダレノガレ明美は殴られたり蹴られたり、さらにはお風呂に沈められた事もあるようです。

このあまりにもひどい虐待によって「失語症」にもなっていたとか。

よくこの幼い頃を乗り越えて今に至る事ができましたよね。

それには、これから書きます中学や高校時代のエピソードや、書きました再婚の後の家庭の成功もあったでしょう。

何かと批判的なイメージを持っている方もおられるように思いますダレノガレ明美ですが、この記事で過去のエピソードを知り、少し見方が変わるかもしれませんね。

ダレノガレ明美の中学時代

カツラと肥満

ここまで幼少期の虐待の過去について触れましたが、ダレノガレ明美の受難はこんなものでは終わりません。

何と中学時代には、髪の毛が無くカツラをかぶっていたと言うのです。
[スポンサーリンク]



この中学時代のカツラの事実は本人の口からのカミングアウトである以上事実なのですが、その詳しい原因についてはわかっておりません。

仮に病気だとして、この中学時代の脱毛について考えられますケースは、円形脱毛症、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群などが想定されます。

とは言え、先ほども書きましたように、中学時代以前に幼少期にすでに普通の子よりも壮絶な人生を歩んだダレノガレ明美。

中学時代のカツラと聞きますと、何かストレスのようなもので抜けてしまったなど、一般の病気でない可能性も感じます。

実際苦労すると髪の毛は抜けやすくなりますし。

まあ仮に円形脱毛症とすれば、その根本的な原因はストレスで、自ら抜いてしまうなどの場合も含まれますしね。

ちなみに勝手に髪の毛が抜けた場合、それは「免疫疾患」である事が多いです。

円形脱毛症も全身性エリテマトーデスもシェーグレン症候群も、同じ免疫疾患の影響で髪の毛が抜けてしまいます。

しかしながら免疫疾患というものも、何となくですが精神に問題がある場合が見受けられるイメージもございますよね。

何かと心配になります。若年における脱毛もあるにはあるケースです。

この中学時代のカツラは本当にダレノガレ明美を苦しめたでしょう。

現に、中学時代は男子生徒などがこのカツラに気が付きからかってくる場面などもあったとか。ただでさえ中学時代からハーフで目立つダレノガレ明美、余計に目立ってしまったわけですね。

さらに中学時代のダレノガレ明美のお悩みと言いますと、それは肥満です。

ダイエットに極めて成功した方として知られますダレノガレ明美ですが、中学時代にも太っていたのですね。

その体重は、何と六十七キログラムにも上ったとか。

これでは余計に中学時代が悩ましいものになりそうですね。

ソフトボール

そしてダレノガレ明美の中学時代や高校ではソフトボールをされていた事は知られますが、この苦しみを紛らわすのに打ち込んだかのような印象を受けます。

何でも、中学時代のエピソードとして、もう無理だと教室を出たりもしたが、顧問の先生に励まされる事で頑張れたとかで、この先生こそソフトボール部の顧問だったようです。

彼女の中学時代、学校は横浜市立瀬谷中学だったようですが、ここは08年北京オリンピックソフトボール優勝メンバーの一人である峰幸代などもいた強豪校になっております。

そしてダレノガレ明美自身、四番キャッチャーとして全国大会にも出場し二本塁を放つなどもして、三位まで行っているのです。

中学時代の五十メートル走のタイムは六秒八だったなどの記録も残っており、中学時代には完全にスポーツ少女だったダレノガレ明美。

この時の身長は百五十八センチメートルに対して体重は六十キログラムほどだったとされ、まさしくスポーツに強そうです。

ちなみに先ほどご紹介しましたカツラも、中学時代三年生になると克服したようです。

やはり精神的な問題があった可能性は言えますね。徐々に打ち込むものも見つかり、ダレノガレ明美の人生は中学時代から解放されていったのです。
[スポンサーリンク]


ダレノガレ明美の高校時代

高校でも中学時代の延長とも言え、ソフトボールが中心の生活だったようですね。

何と高校の時には社会人のチームからのスカウトもあったほどだったようで。

もしかしたらそのまま高校からスポーツの世界へ行っていた可能性もありますよね、ここまで来ますと。

ちなみにダレノガレ明美の高校生活、中学時代にこのような苦悩を乗り越えたために開放されていくと思いきや、彼女自身はともかく、高校自体はかなりお堅い所だったそうです。

ちなみに高校は私立立花学園高校だと言われており、仏教系の高校だそうで校則なども厳しく、化粧なども当然一切禁止、それで高校の時のお写真はすっぴんなのですね。

高校までスポーツがすごい事はわかってきましたが、ダレノガレ明美、勉強は大の苦手。

この高校自体も偏差値で言いますと四十五くらいの並みであり、そこまで勉強する高校生活では無かった事がわかります。

そして彼女の受難というお話で言いますと、高校でもあるエピソードが。

その当時の彼氏なのですが、二十三回も浮気したとされております。

高校でそれでも好きだった、という事はそれこそすごいのですが、高校は高校で悩みはあったようですね。

いかがでしょうか。中学でも高校でもいろいろとあったダレノガレ明美。これらを乗り越えてこそ今があるのですね。

さて、本日は「ダレノガレ明美の中学時代と高校時代のお話」について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

[スポンサーリンク]


管理人ヒカルの妻も絶賛の女性に一押しの履くだけダイエット!

エクスレーヴは今かなりプライスダウンのようです!
詳細はコチラから!
エクスレーヴ(骨盤ケアショーツ)